合図はまだですか

わたしは準備万端です
用意ドンで走れます

わたしにできることはなにか
わたしにしかできないことはなにか

あなたの合図を待っています

昨日
山が泳げるほどの雨が降り
わたしはひとりで立っていました
淋 淋 淋 と泣きました

これが合図ですか

今朝
空が踊れるほどの風が吹き
わたしはひとりでしゃがんでいました
雲 雲 雲 と占いました

こっちが合図ですか

明日、ピカピカの最新式が出るそうです
あさって、旧式に高値がつくそうです
しあさって、世界が変わるそうです

そっちが合図ですか

あなたがそんなにたくさんの
出来事を送りつけてくるなら
わたしにだって考えがありますよ

いいですか

あなたを深く吸いこんで
そのとき、わたしに迫ってきたものを
わたしが“よきもの”と感じたものを

あなたからの合図だ

っていうことにしてしまいますからね
もうわたしは走り出してしまいますからね

いくらあなたが「時代」だからって
吸いっぱなしにはできません
あなたのほうこそわたしを吸ってください

いいですか

位置についています
用意できています

いきますよ

ドン!

***

こんばんは。
今夜のキーワードは「時代とともに呼吸する」でした。このキーワードを書くときに思い出したのは、2011年に取材で出会った人たちのことでした。

「やっぱりあきらめたくない」と転職したメンバーさんがいました。「今だよ」と言われている気がする、と南の島に移住したインストラクターさんがいました。「舞台に帰る」と言って女優の仕事を増やしたスタッフさんがいました。「もう無駄なものを体に入れたくない」と食事をガラッと変えたスタッフさんがいました。

みんな、ほんとうに、きれいだった。

本音を聴きとっていく姿を、人によっては「かっこいい」と言ったり「輝いている」と言ったりするでしょう。「やばい」と言ったり「オーラがある」と言ったりするかもしれません。

自分ひとりで生きているつもりでも、同じ時代の空気を吸って、同じ大きな出来事をそれぞれの角度で経験して、何かしら反応しながら、何かしら交換しながら生きている。時代とともに呼吸していない人なんて、いないんじゃないかと思います。

私自身も、第十四夜で書いたように2011年以降ヨガのクラスを減らし、書くことに軸足を移していきました。きれいだなと思った人たちの姿に憧れて。

さて、今、この時代とともに呼吸しながら聴きとっている音は、どんな音でしょうか。ぜひみなさんの本音も聴かせてください。おたよりはいつでもお待ちしています。

連載20回を記念して“本音”をみつけていくワークショップを12月に開催します!
書く瞑想ワークショップ「わたしにかえる時間」
日時:2019年12月13日(金)19:00~20:30  
場所:yoggy institute lab(スタジオ・ヨギー中目黒に併設)

イラスト 内田 松里/文 古金谷 あゆみ