スタジオ・ヨギーでみなさんが使っているブラックマットは、インストラクターやプロにも愛される、いくつかのこだわりがあって選ばれています。運ぶのに重いな、と感じていましたが、その重さにも理由がありました。

|01 すべりにくい 弾力の高さ

手をついてみると、しっかりそこにとどまるようなホールド感があります。商品販売や企画をおこなうスタイル事業部マネジャー 樋口真弓さん(元ピラティスインストラクター)のお話では、「自分にはグリップ力がついてきた、と思って、あるときほかのスタジオでレンタルマットをしてクラスを受けていたところ、手がすべって、あ、ブラックマットのおかげだったんだ、と知りました」とのこと。グリップ力のよさは、すべりにくい素材からきているんです。
|02 床の上で、痛くない 十分な厚みと重さ

厚さ7mm・重さ3.6kgという、十分な厚みと密度があるので、床の上でクッション性を発揮します。手首、膝、肘、お尻などを守ります。ポーズによってマットを折り曲げて頭や肩のサポートを作ることもできます。

|03 環境にも肌にも安心 エコフレンドリーな素材

このマットはドイツ製で、オーストラリアから輸入しています。材料は、ドイツ政府から認定を受けている高水準の安全基準を満たした素材(ポリ塩化ビニル・コットン・ポリエーテルサルホン)のみを使用。有害なポリ塩化ビニル、ラテックス(ゴム製品)、フタル酸エステル、重金属などは含まず、肌の安全に配慮されています。また、製造の過程でも無駄がゼロで、環境に悪影響をもたらすようなものを排出していません。

|04 いつも気持ちよく使える 耐久性の高さ

「数あるヨガマットから、お客さまが気持ちよく使い続けられ、さらに1枚の耐久性が高いのでゴミも増やさない、という点で、選びました」と話すのは、スタジオ・ヨギー創業者でニューヨーク在住の太夫佐和子さん。使っていくなかで、表面がボロボロになったり、消耗されている感じが見えてしまうと、使う方のモチベーションにもかかわるのではないか、と考えて、耐久性の高さを重要視したんですね。

|05 ヨガ、ピラティス、ビューティ・ペルヴィスにも使える オールラウンド性

「ブラックマットは厚手のため、元々はピラティスで使われるイメージがありました。ヨガでも問題なく、むしろいい、という点が決め手のひとつでした」(太夫さん)。動きの正確性が求められるピラティス、立位やハンドスタンドなどに安定感が求められるヨガ、多くの時間を横になりながら自力調整するビューティ・ペルヴィス、と、スタジオ・ヨギーで行われるプログラムのすべてのニーズに合致しているんですね。

スタジオで使ううちに、自宅でも使いたい、という声をたくさんいただき、そんなご要望にお応えするため、販売をはじめました。通販サイトスタイル・ヨギーで取扱い中です。入荷は不定期ですので、みつけたときがチャンスです!

by yoggy しち