BLOG

【麻布十番】6月のアロマ

2018年06月01日

皆さんこんにちは。

本日は6月のアロマレッスンで使われるアロマオイルのご紹介です。


今月のアロマはマジョラムジュニパー


それぞれの効果効能についてご紹介いたします。


◆マジョラム◆

純愛を象徴するハーブとして知られています。ギリシャでは恋愛成就のためのお守りにも使われており、結婚した夫婦の愛と名誉を祈ってマジョラムの花で頭を飾る習慣もありました。


心への効果・・・

心のバランスを保ってくれる性質があります。過敏な神経系を静める働きと、無気力に対しては気を補う、それぞれの働きがあります。落ち込んで考えすぎてしまうとき、孤独感を感じる時、不安になってしまう時、マジョラムの香りは温め、慰め、リラックスさせてくれます。愛情を思い出させて、心に栄養を与えてくれます。


体への効果・・・

マジョラムは体に対しても強壮とリラックス両方に働きかけ、バランスをとってくれる精油です。筋肉のこりや痛み、神経性の痙攣、関節炎などを楽にさせてくれます。心臓の興奮を鎮める働きは高血圧、咳や喘息にもいいです。また冷えを緩和するので、冷えが原因で起こる下痢・便秘・胃腸の不調にも効果的。過剰な食欲や性欲を抑えてくれる香りでもあります。





◆ジュニパー◆

ジュニパーは人が最初に利用した植物の一つと言われています。古くから、魔除けとして用いられたり、宗教儀式で焚かれており、中世では伝染病の予防にもとてもよいとされていました。


心への効果・・・

ジュニパーの一番の性質は「浄化」です。ネガティブな感情やわだかまりを押し流し、浄化させてくれる力があります。清らかな心になり、冷静な思考力を得ることができます。また、ジュニパーには心を温め、強くする力があります。失敗を恐れる不安感から、憂鬱、引っ込み思案を取り除き、意志を強くし、自信を持たせてくれます。そして、困難にも立ち向かう心の強さを与えてくれます。


身体への効果・・・

ジュニパーは体の熱源に働きかけるので、体を温め、刺激する作用があります。そして冷えと湿気を取り除きます。そのため、冷えで悪化する、腰痛や関節炎、膀胱炎、リウマチ痛などに効果的です。また、水分バランスを整えるので、肥満、むくみ、動脈硬化などに効果があります。利尿作用もあり、リンパの流れをスムーズにします。



心と体のバランスを保ち心身の中和を図ってくれるマジョラム

身体の毒素を追い出し前むきな自分へと導いてくれるジュニパー


それぞれのアロマの効果を、深い呼吸をツールとし、からだいっぱいに取り込んでみませんか。


■6月麻布十番スタジオアロマヨガスケジュール■

月曜 20:00~21:00 アロマリラックス マリ先生

・金曜 10:00~11:15 アロマフローⅠ  キコ先生

・土曜 15:45~16:45 アロマリラックス カヨ先生


アロマのクラス、麻布十番スタジオではとっても人気です☆

皆さまのご参加をお待ちしております。