BLOG

【麻布十番】インストラクター紹介★Vol.2

2018年06月26日

皆さま、こんにちは。


本日はインストラクターさんのご紹介、そしてママヨガクラスのご紹介です☆

ママヨガはハイハイ~4歳までのお子様とママが一緒にご参加いただけるクラスです。

主にママがメインになって動くので、出産後に産後リカバリークラスの次のステップとしてのご受講をオススメしています。


麻布十番スタジオでママヨガを担当してくださっているミズハ先生にお話しを伺ってみました☆





◆ママヨガについての効果&アピールポイントを教えて下さい◆



ママのゆとりは、家族のゆとり。

ママは、家庭の太陽、要ですよね。

ママがリラックスして少しゆとりを持てると、自ずとその雰囲気は家庭に広がります。

ママにとって、家族が笑っていてくれることが嬉しいように、ママが笑ってくれることは、子供にとっても家族にとっても1番嬉しいことです。

ホッと一息つきに来てください。



子育てに必要な体力を養う。

ママは大変。愛が足りないんじゃなくて、体力が足りないだけ。

動物の子育ての中でも、人間の子育てほど、全てを捧げなければならないものはないと言います。

疲れた時、休みたい時、眠りたい時、思うように動けない自分を責めてしまうこともあるのではないかと思います。

ヨガのポーズは体力と自信を着けてくれます。



子育てに必要な自信を養う。

 子育てはマニュアルがあるようでない。情報はいっぱいあるけれど『これで良いのかな?』迷うこともあるのではないかと思います。

必要な情報は実は私たちの内側に既に備わっているとヨガではいいます。


体を感じて味わう時間を持つことで、

昼間元気に動けて、夜眠れば元気に戻れる身体、遺伝子の、身体の知性を信頼できるようになります。

手の細胞は、自分で手の形にしなくても手の形になりました。

ママも子供もそれぞれに、生きようとする力は備わっています。

それを感じてみましょう。


リラックスする事で、今必要なことが分かってくる。

 悩み事がある時、静かな場所でボーッとしてたら答えが降りてくることを経験したことがあると思います。

感じることで、考え事が止み、次第にリラックスしていきます。

必要なことは、リラックスしてるときにふと降りてくるとヨガでは言います。


今、自分に何が必要か?を感じ取れる力は、子供が家族が何を欲してるのかが分かることにつながるといいます。

いつも忙しくしてるママ自身を感じる時間を持ちませんか?


産後の身体を戻すことを促す動き

産後や子育て中は、身体の使い方にも特徴があるため、身体にも特徴が出てきます。

その時期に合った動きをすることで、身体を戻すことを促して、元気にします。


◆ヨギーのママヨガならではの強みがあれば教えてください◆


●解剖学に沿った身体の使い方を学べる

●心や身体に優しいヨガ

●浅くも深くも、ご自身の要望に合わせて学べるところ


◆ミズハ先生がクラスで大切にしてることは何ですか◆

●心と身体を感じてもらうことを大切にしています。

●その日に参加してくださった方の状態・状況に合わせて、メニューを合わせています。

●ママ中心のクラスですが、お子様の様子も感じ取りながら、全体的に穏やかに過ごせるように、心掛けています。

●ママ同士で、嬉しかったこと、困ってること、身体のこと、などシェアして、共感できる時間を作っています。

●子育ては、本来地域のグループでするのが自然と聞き、クラスにいる時はみんな自分の子という感覚で、あまり遠慮をせずに、少しゆるい感覚を持ってもらっています。


◆ママたちへ一言、二言メッセージを◆

『のんびりしに来てください。』

『ホッと息抜きしに来てください。』

1人で煮詰まってくることもあると思います。身体がカチコチしてくることもあると思います。

深呼吸しながら、身体を動かして、一緒にスッキリしましょう。

お待ちしています。


ミズハ


************************************************************

ミズハ先生から素敵なことばを沢山頂きました♡


子育て中のママさん達。

一息つきたいと思ったら、お子さんと一緒に気楽にお出かけしたいと思ったら、是非ママヨガクラスに遊びに来てください☆

気楽にふらっといつでも。


素敵な先生と癒しの空間でママにもお子様にも愛情たっぷりの時間です。

スタッフ一同、心よりお待ちしております。