BLOG

男性にこそヨガ・ピラティスをして欲しい理由。

2018年11月28日

皆さんこんにちは!
段々と寒さも増し、
日が早くなると共に少しずつ一年の終わりを身近に感じますね^^

今回は五反田スタジオで今年一年、一緒にスタジオを盛り上げてきてくださった6名の男性インストラクターをご紹介していきたいと思います。
是非、皆さんの日常生活にもっとヨガやピラティスを浸透していくきっかけになりましたら幸いです♬



現代、もう女性だけがヨガやピラティスを取り入れるスポーツではなくなってきている時代となりました。

米国では5人に1人がヨガをしていると言われており
その人口率は、年々急速して増加傾向にあります。

さて、日本はというと、ここ数年健康志向の人たちが増え米国には劣るものの
日本でのヨガやピラティス人口もここ数年で一気に増加し
近年では10人に1人がヨガをしていることになると調査が進んでおります。

ですが、まだまだ日本では女性のヨガ率が圧倒的に多く
『女性が美容と健康のためにおこなうもの』
という先入観を持っている方も多いのではないでしょうか?

そんな中日本でも、ヨガやピラティスのレッスンを取り入れる企業も急速に増えてきており、男性にこそヨガやピラティスを日常生活に取り入れるべき
魅力や心身の変化について今回は解説していきます。




【男性インストラクターが伝えたい、男性にこそ、ヨガやピラティスをやってほしい理由】

というのを一人一人のインストラクターに聞いてみました。

男性だからこそ解るインストラクターのお声にとても共感できることもあり、是非これからのモチベーションに繋げていってくれたらと思います。




魅力のある男性は仕事ができるだけでなく、身体の管理もコントロールできます。
ピラティスは、通常のトレーニングにはない身体の細部まで意識を向け、身体も心もコントロールすることが最大の特徴です。
身体に意識を向けることで見た目が変わり、身体が変われば自信が持てます。

ビジネスでもプライベートにおいても良い影響を与えますので、敬遠しがちな男性にこそやってもらいたいです。
(ピラティスインストラクター ハク)



姿勢が綺麗になると、活き活きとハツラツとして見えます。
魅力的な自分に、なりたい自分に近づく一歩として、是非始めて欲しい。
ボディバランスも整えやすく、メンタルの回復にも繋がります
(ヨガインストラクター ヒカル)



男性は元々身体が硬い方が多く、ヨガに向いていないと思われがちです。
僕も子供の頃から前屈でスネにしか届きませんでした。
でも、やり方を間違えなければ身体は必ず変わります。
その変化が楽しめるのも、男性ならではですよ!
何で変わったんだう
と考える事が自分の体を知る事のはじまり。
ポーズをとり、呼吸の中で身体を感じるのがマインドフルネス
(ヨガインストラクター マサト)



日々何か物足りないと感じているあなた。断言します、足りていないのは筋肉。
筋肉を手に入れる過程で自信、健康、知識、根性、品格、自制心、タフなメンタルが漏れなく手に入ります。
とりわけピラティスは日本女性に圧倒的支持率の高い「細マッチョな体」になれます。
ピラティスやらない理由はなんでしょう?
(ピラティスインストラクター キョンシッ)





外へと向けて活動的になりがちな男性にとって、身体を通して自分と向き合える良い機会だと思われます。
ヨガを行うにつれて、性格が穏やかになった、自分の人生のビジョンがはっきりした、というお話も伺います。
是非ヨギーで自分だけの時間というのを感じてもらえればと思います。
(ヨガインストラクター レン)





男性ビジネスマンにおススメです。
元々、僕もサラリーマンでした。
ピラティスをやることで
姿勢が整い、呼吸が深くなりました。
身体が整うと共に、メンタル面も整い、考えの幅が広く、そして深くなる感覚がありました。
同時に、仕事のパフォーマンスも上がっていきました。
ぜひ一度、経験してみて下さい。
そして、継続していただけると嬉しいです。
(ピラティスインストラクター タケマサ)



インストラクターの話を聞いて、クラスを受けてみたくなった方は、こちらをご確認ください!
五反田スタジオスケジュール←クリック

それでは、ご自宅でも簡単に取り組めるワンポーズや
エクササイズを先生方に教えていただいたので
幾つか抜粋してお伝えしていきますね!

【スプタ・ウッティタ・エーカ・パーダ・アーサナ】 ヨガインストラクター レン



【解説】
仰向けで足を揃えたら、片足を天井に向け、太腿の裏を両手で持つ。
手と太腿の裏側で押し合う様に、おへそから足全体を引き離す様に腰を伸ばす。
身体が硬くて難しい場合は膝を曲げても良い。
コツとしては、天井に向けた足裏で空を押し返す様に
足の付け根の内側を床へと引き込む。

単純なポーズですが、男性に多い股関節の癖を改善するのに良いと思いました。
僕個人も毎日行うポーズでもあります。


【ハムストリングスカール】ピラティス インストラクター タケマサ
座り姿勢が多い方向けに、固まっているももの裏側のストレッチ。



①背筋を伸ばして椅子に座ります。



②両手で太ももの裏側を掴みます



③脚を伸ばします。

その後は、膝の曲げ伸ばしを繰り返し行い、左右5回程度。
膝の位置を保持しながら、行なうことがポイントです。

【解説】
血流がよくなり、脳に酸素が回りやすくなり、仕事の合間に最適です。



その他にも、お一人お一人解説付きで
ご自宅でも簡単に取り組めるワンポーズ・エクササイズを教えて頂きましたので、追って後日詳しく五反田スタジオブログでご紹介していきます(^^♪


それでは、最後にインストラクターの皆さんが
普段から気を付けて食べている物や
女性なら良く耳にするアーユルヴェーダフードについておススメな物
を聞いてみました!

”スタジオヨギーでも販売している、
【マヌカハニー+アズレンスプレー ミント味】
を普段から空気が乾燥するこの季節、予防として使っています。
マヌカハニーは、国産ではなくニュージーランド産を使用することでインフルエンザの予防にも効果を発揮します。
国産のものは薄められて作られているため、マヌカハニーの効果を実感しにくいです。
(ヨガインストラクター ヒカル)

高タンパク、以上!(ピラティスインストラクター キョンシッ)

お二人はとても知識や経験豊富なベテランのインストラクターで
お話していると
普段の食事や苦手なポーズなど細かく指導してくださいます♪

”コンビニで手軽に購入できる2点
・サラダチキンスティック
諸説ありますが、タンパク質の摂取により、糖質欲求を抑制できる
と言われています。
・ミックスナッツ
食べ過ぎは注意です。(1日25gを目安に)
栄養豊富で健康効果もありますが、プラスして
咀嚼運動することが脳の活性化に繋がると言われています。

「デスクワークで脳が疲れたな」「リフレッシュしたいな」
と感じた際は、お試し下さい。 (ピラティスインストラクター タケマサ)”



風邪予防にサマハン茶!
アーユルヴェーダに詳しい先輩から伺いましたが
 ひき始めに葛根湯とサマハン茶を飲んだところ、効果ありました。
(ヨガインストラクター レン)


マヌカハニーはROW HONEYなので、加熱しないで無糖ヨーグルトに入れるのがオススメ。(ヨガインストラクター マサト)


栄養たっぷりのミックスナッツや非加熱蜂蜜、サマハンはスタジオでも手軽に購入できますよ♡
アーモンドと蜂蜜の組み合わせは、毛細血管の働きを促進し、肩こり解消にも効果的です。
是非、アーモンドの蜂蜜漬けにして血行促進に毎日の摂取をおススメします☆


いかがでしたでしょうか?
今回は内容たっぷりの充実した
インストラクターからのお声を皆さんにお届けすることができました♪
また今後もブログでご紹介していきますので、楽しみにお待ちくださいね^^

気になることや解らないことがあれば、どんどん担当のインストラクターに質問して頂き、皆さんの充実した生活にこれからも繋げていってください*

今日も一日、素敵な一日になりますように…☆彡


namaste.