BLOG

【川崎】川崎のパワースポット『女躰神社編』

2017年09月28日

暑さが少ーし和らぎ、秋の気配が感じられるようになってまいりました。

秋と言えば読書、食欲などいろいろ出てきますが、今回は川崎駅周辺で見事なイチョウの紅葉が見られる神社をご紹介します。

そして、その神社は知る人ぞ知るパワースポットなのです!!!

 

川崎をご存知の方でしたら、川崎と言えば「ラゾーナ」ですよね、その「ラゾーナ川崎」のすぐ裏から見えるのが「女躰神社(にょたいじんじゃ)」です。



珍しい名前の神社ですよね。

由緒を調べてみると。。。

【女躰神社 由緒】

多摩川と鶴見川に挟まれたこの地は、たびたび大水に見舞われていましたが、ある年これまでにも無いような大洪水に遇い、田畑も水没し、村人たちの窮状に胸を痛めた一人の女性が、水中に身を投じ、水神の怒りを静めたのだそうです。その後は水害もなく村人たちは農耕に励むことが出来ました。その偉業を称え、又後世に伝えるため、多摩川辺りの俗称「ニコニコ松」の下に一祠を建立してその御霊をお祀りし、その後、現在の地にお祀りされる様になった

(参考:境内由緒)

 

鳥居をくぐって境内に入ると、、



 



大きくて立派なイチョウの木が数本あり、秋が深まると見事な黄金色に色づきとても綺麗です☺✨

↓↓↓こちらは数年前の紅葉写真ですが、こんな感じになるのです。↓↓↓

   

 

鳥居を入ってすぐ右側には御神木がありますイチョウの木なのに、枝から何故かナンテン(「難転」即ち「難を転ずる」と言われる縁起物)の枝が生えているのです!?

この御神木からパワーを戴こうと幹をナデナデしに来る方も多いのですよ。



 

 

神社には、幼稚園も併設されているので、時間帯によっては、

元気に走り回る園児たちに遭遇することも♪



本殿の横にはアンパンマンの大きな東日本大震災復興絵馬が

ありました。

 

 



ご利益としては、安産や縁結びなどの女性ならではのお悩みに応えてくれるそうなので、

真剣にお参りをしてきました(笑)

 

おまけ・・・

<イチョウの豆知識> イチョウのオスとメスの見分け方

葉っぱがズボンのように割れているのがオスの木



割れ目のないスカートタイプがメスの木



メスの木には銀杏の実がなってこれからおいしい季節です。

 

川崎スタジオからも徒歩10分以内で行けるパワースポットです。

ヨガとセットでさらにパワーアップ!

是非秋の川崎をお楽しみください。