BLOG

【丸井錦糸町】サヤカ先生に直撃インタビュー~前編~

2018年06月03日

インストラクターさんの素顔に迫る、インタビューブログ、通称「アッコの部屋」。

今回はヨガのサヤカ先生にインタビューを試みました。

前編・後編でお届けしますので、お付き合いいただけると嬉しいです。



(以下、インタビュアのアッコを(ア)、サヤカ先生を(サ)とします。)


ア)サヤカ先生、宜しくお願いします!

サ)はい、こちらこそ!ちょっと緊張しちゃうな・・・。

ア)気楽にお答えくださいね。
サ)はいっ♪

まずは、サヤカ先生のヨガとの出会いをお伺いしたいのですが。



サ)出会いは香港です。

ア)ほ、香港?!

サ)当時、インターナショナルなバレエ団に所属していて、そこでフィリピン人のダンサーに言われたんですね。

「サヤカ、ヨガやった方がいいよ~」って。


ア)なるほど、人から勧められたんですね。

サ)はい。余談ですがヨギーでインストラクターをしている「ノブオ先生」も一緒のバレエ団でした。

ア)ノブオ先生もその方に言われたんでしょうかね。

サ)どうでしょう(笑)



(写真 : アッコ代理ルカ)

ア)それで、香港でヨガを始めたんですね。


サ)そうなんです。

ア)ヨガを始めて、バレエとの違いや気が付いたことはありますか。

サ)そうですね。。。

競争が激しいバレエ界で、「人と比べない」というヨガの考え方はとても新鮮でした。
バレエもヨガも、最終的には「自分自身に打ち勝っていく」なので、目的地は同じなんですけどね。
そうはいってもオーディションがあって、役を勝ち取っていくわけだし、激しい競争社会にいるとなかなかそう思えないところもあります。

あとは、「体が柔らかい事」がアドバンテージじゃないってヨガに教えられました。

ア)柔らかい人、私は憧れちゃいます。
体硬くて、硬くて、、、(泣)
美しいアーサナ(ポーズ)取りたい!ってつい頑張っちゃうときもあります。


サ)ポーズの形や完成形を求めるのも悪い事ではないですが、私が伝えたいことは「美しさは目に見えないもの」だと言うことです。

ア)目に見えないもの・・・・。

サ)呼吸の深まりとか、中心軸を感じるとか。

ア)中心軸は自分で感じるしかないですものね。

サ)そう。
そして、アーサナには身体や心にもたらす効果が違います。
ベクトルが外ではなく内側に向かうことでよりその効果が高まりますから、是非目に見えないものを大切にしてほしいですね。


ア)なるほど。。。次にクラスを受けるのが楽しみになってきました♪
サヤカ先生は今度錦糸町スタジオでワークショップを開催して下さるんですよね。

サ)はい。
「ダンシング・シヴァ ~本格的な夏に向けて、ナタラージャ・アーサナへの挑戦~」です。

ア)何やら2時間ドラマばりの長さのタイトルですが、ワクワクする!

サ)(笑)

ア)詳しくお伺いしたいので、後編に取っておくことにします。
気になった方は詳細をこちらで先取り下さい!
↓↓↓
ダンシング・シヴァ

予約システムで予約もスタートしております。
店頭ではパンフレットもご用意しておりますのでスタッフまでお声がけ下さい。


それでは、後編楽しみにお待ちくださいませ~。