BLOG

甘酒ファスティングで年末年始の食べ過ぎをリセット!💛

2019年12月20日

こんにちは

なんばスタッフのみきてぃです!






皆様年末やお正月はどうお過ごしでしょうか?

お仕事で忙しい方もいらっしゃれば、

お正月はとことんゆっくりされる方も多いかと思います♪






この時期はどうしても

12月の外食続きや年末年始に普段以上に食べすぎたり、

食べる内容も少し乱れたり、、、

体が重くなりますよね?(>_<)






そこで、外食が続いたり食生活が乱れた時、

少し体重が増えてしまった、、、という時のリセット法をご紹介します!💕

それは



”甘酒ファスティング”



です!!!




ソース画像を表示




最近は飲んでいなかったのですが、外食が増える12月からが怖くて

”甘酒ファスティング”をしよう!

と決めました。

さっそく毎日飲んでいるのですが、

外食が続いたりしても体重コントロールできています☆彡

(私は現在妊娠中でダイエットは良くないので、ゆるーく甘酒を取り入れて

体重管理をしようと思います(^^))




実は私、ファスティングカウンセラーという資格を持っています。

正しい知識がないまま自己流でやってしまうと、

かえって体に悪い事をしてしまったり効果が十分に得られない事があるので注意です!




今回は、甘酒があまり好きじゃない方でも美味しい!と思えるはず

な、おすすめの甘酒も教えちゃいます💕





この記事では大切な事を5つに分けてお伝えしていきますね!

①甘酒の美容と栄養の効果

②ファスティングとは

③甘酒ファスティングのやり方

④結果を左右する回復食





お試しで気軽にやってみる方法から

ガッツリ体重を落としたい方向けの方法までご紹介しますので、

ご自身のライフスタイルや性格に合った方法を選んでぜひ

重たくなった体をすっきりさせてくださいね!☆ミ





これを知っていればお正月太りも怖くない!!!






【①甘酒の美容と栄養の効果】

米糀と米を原料とする日本の伝統的な甘味料である甘酒。

とにかく栄養満点!

☑ビタミンB類

☑必須アミノ酸9種類

☑ブドウ糖

☑ミネラル

☑食物繊維

☑乳酸菌

☑オリゴ糖

などなど。。。

天然のサプリメント、飲む点滴と言われるほどです。



食物繊維やオリゴ糖は腸内の善玉菌を増やして腸内環境を整えてくれる

働きがあるので便秘の予防、改善にも効果あり◎

免疫力を高める効果もあるので、風邪気味の時には少し温めて飲むのもオススメです。



豊富に含まれているビタミンB群は血行と代謝をアップさせ、

毛細血管の隅々にまで必要な栄養素を届け、老廃物を流してくれます。




また、麹菌は皮膚の働きを整える効果のあるビオチンを含んでいるので

目の下のクマやくすみ、肌荒れにも効果的。美肌効果は嬉しいですよね!💕

麹菌に含まれる酵素には抗酸化作用があるので老化の原因となる

活性酸素の発生を抑制してくれる働きもあるんです!

※老化=酸化なので、『抗酸化作用』があるものはアンチエイジング効果がありますよ!

覚えておくといいワードです♥





こんなにたくさんの栄養素が含まれていて、

体の隅々までその栄養素を届けてくれる甘酒だから

ファスティングやダイエット中にもおすすめなんです!







中でも私のオススメは、

ノンシュガー・ノンアルコール・保存料・添加物未使用

ピンクの甘酒



この甘酒本当に美味しいんです!💕

すっごく飲みやすくて、むしろ私はこの甘酒以外そんなに好きではありません、、、

原材料に黒米を使っているのがピンク色の由来みたいです。

豆乳や牛乳で割ったり、スムージーにしたりアレンジもたくさんできますよ

アイスでもホットでもおいしい

皆さんのオススメの甘酒があればぜひ教えてください

私は豆乳割りがお腹も膨れて美味しいので一番お気に入りです♥





【②ファスティングとは】

英語を直訳すると、「ファスティング=断食、絶食する」という意味なります。

ですが、本当に水だけで行う断食は体への危険もあり、

空腹感も強いので危ないです!



ファスティングは、体に必要な栄養素と最低限のエネルギー摂取しながら

身体のバランスを整えていく健康法です。

痩せる事が目的ではなくて、健康な体になる事が目的。

ですので、適切な体重になる=どれだけ体重が落ちるかもひとそれぞれ、

もともと痩せ気味の人は体重が落ちなかったり増える事もります。




私たちは普段の生活で、体に不要なものをどれだけ食べているか、、、

わかってはいるけど、チョコレートや菓子パン、コーヒー、お酒など

食べたり飲んだりしますよね!

それで心がハッピーになるのであれば、たまにはOK!だと思います♥笑

自分へのご褒美も必要です🎶



でも、そういった添加物が入ったものや、お肉、何気なく使っている調味料も、、、

体に入ってきたものを分解⇒消化⇒吸収するのに、

内臓はすっごくエネルギーを使います。

なので、定期的にファスティングを行って、内臓を休ませる事で

消化吸収や解毒・排毒機能が向上させて身体機能の回復ができるんです!



また、ファスティング期間で体に不要なものをデトックスします!

体の中の大掃除みたいな感じですね♪

なのでお腹周りがスッキリしたり

お肌がきれいになったり、嬉しい効果がたくさんなんです。



~ファスティングの効果~
・肌がきれいになる
・体重が減る
・便秘や下痢がよくなる
・デトックスができる
・疲労感がなくなる
・寝つきがよくなる
・血液の流れがよくなる
・腸内フローラが元気になる
・味覚が正常になる
・食生活が整う
・脳の働きがよくなる
・むくみの解消

などなど。



~ファスティング中に起きた体の不調~

・頭痛

・吐き気




↑これは人それぞれなのですが、好転反応といって、普段の生活が乱れている人ほど

体の大掃除をする時に不調がでると言われています。

我慢できないほどつらい時は飴や梅干しをなめたりしましょう。




私が以前に3日間のファスティングをした時に感じた事は、

体重が落ちたり、むくみがとれたり、お腹周りがすっきりしたり

見た目の変化で嬉しい事がたくさんあったのですが、

それ以上に食への意識が変わり、ファスティングが終わった後も

食生活が整った事が一番のメリットだと思いました!☆




なんとなく小腹がすいて食べていたチョコレートや飴、

菓子パン、必要以上に濃い味付けの料理、コーヒーなど、、、

ファスティング後は食べたくなくなったんです。

今までどれだけ余分なものを食べていたのかに気づきました。

なので、また【④結果を左右する回復食】で詳しくお伝えしますが、

ファスティング期間が終わってからも健康的な食生活を続ける事ができ、

体重も増えたり減ったりの変動がなくなりました。





しかし!!!

やっぱり今まで染みついた生活習慣のクセはなかなか消えません。

時間がたつとまた感覚が少しづつ元に戻ってくるんです。(笑)

ヨガやピラティスでも同じ事がいえますよね!

新しい発見があったり、いいペースでクラスを受講している時は

体も良く動くし、先生に教えてもらった事を覚えているけど、

間があくとその感覚を忘れていたり、、、、

なので、定期的に良いペースで通う事が大事。

ファスティングも、1回で終わり!じゃなく、定期的にするのがおすすめです。

外食が続いた時、食生活が乱れて体がダル重く感じた時にすると

リセットできますよ(^-^)

調整の仕方をしっていると少しくらいの体重変動ならすぐに戻せるようになります🎶






【③甘酒ファスティングのやり方】


ファスティングの効果を十分に出したい場合、

基本的なやり方は


準備期間 ➡ ファスティング期間 ➡ 回復期間


の流れで行います。

今回は甘酒ファスティングをご紹介しますが、

酵素ドリンクでのファスティングも同じです。





準備期間と回復期間で大事なキーワードがこれ!

『まごわやさしい』

ソース画像を表示

『まごわやさしい』というのは、この食材を摂れる献立にしましょう!

というキーワードです。

昔の人はこういう食事をしていたから太ることがなかったそう。

1食でこれだけの食材を食べるのは難しいので、1日でこの食材を食べる事を

意識すればOKです!

ちなみに、まめは大豆でできたお味噌汁も含まれます♥

例えば、わかめと豆腐のお味噌汁にごまを少し入れれば

「ま」「ご」「わ」の三つをクリア!

「さ」の魚はできれば頭からしっぽまで食べれる魚がいいです。

ししゃもやしらすなど☆彡

どんなご飯かわからない!という方は、SNSやレシピサイトで検索すれば

たくさん出てきますよ(^^)


私は時間をかけて定食を作れない時や仕事の時は

『まごわやさしい』をぜーんぶ入れたサラダを持っていって食べました!

全部の材料を用意するのが難しい時は、スーパーで買ったサラダに

足りないものだけ足して☆



時間がある時はこんなご飯を作りました♪





では、ゆるーくファスティングしたい方向けの方法から

ガッツリ3キロ以上体重落としたい人向けの方法までご紹介します(^^)/


目安として・・・

普段から和食中心の食事で健康に気を遣っている人➡パターン①、②

外食、コンビニ食が多い、人➡パターン③

がおすすめです☆



👇

👇

👇



パターン①ゆるゆるプチ甘酒ファスティング

(あまりストイックにはできない人におすすめ)

➡朝昼晩のご飯のどれか一食を甘酒のみにする

(甘酒はそのままでも豆乳や牛乳で割ってもOK!)

➡甘酒に置き換えた食事以外の2食を玄米+『まごわやさしい』にご飯にする

➡これを1週間続ける。腹7分目の量で。


ちなみに一番効果が出やすいのは夜ご飯を甘酒に置き換える事です。

効果を十分に出したい人は、甘酒に置き換える食事以外を

玄米+『まごわやさしい』食事にして、間食はNG!

牛乳やチーズなど動物性のもの、コーヒー、

添加物が入ったものは食べないようにしましょう。

この方法を1週間ほど続けると身体も軽くなり食生活も整うので

あまりストイックにするよりゆるーく時間をかけてする方が合ってるという方には

一番オススメの方法です☆






パターン②1日プチ甘酒ファスティング

(外食が続いた時、1~2キロ程体重を落としたい人におすすめ)

➡前日の食事(準備期間)

朝 甘酒ホット+フルーツ

昼 玄米+『まごわやさしい』ごはん

夜 『まごわやさしい』ごはん

➡ファスティング当日

朝 甘酒ホット

    昼 甘酒豆乳割り+フルーツ

夜 甘酒のみもしくは+フルーツ

➡翌日の食事(回復期間)

朝 甘酒ホット+薄味のおかゆ(味噌汁でもOK)

昼 おかゆ+味噌汁

夜 玄米+『まごわやさしい』ごはん※20時までに食べる





パターン③ガッツリ甘酒ファスティング

(やる気満々!本気でガッツリ体重を落としたい人、健康的になりたい人向け)

この本気ファスティングは、

準備期間2日➡ファスティング期間3日➡回復期間2日

で行います。

なので、外食の予定がない期間を選ぶのも大切です。

また、ファスティング期間3日はキツイな、、、という場合は

効果は弱くなりますが1日にしてもOK。

前後の準備期間と回復期間の食事にするだけでも普段よりも

健康的な食生活になるので🎶



~方法~

(準備期間)

1日目 朝:甘酒(豆乳割りでもそのままでも飲み方自由)

昼:玄米+『まごわやさしい』

夜:玄米がゆ+『まごわやさしい』

2日目 朝:甘酒(豆乳割りでもそのままでも飲み方自由)

昼:玄米+『まごわやさしい』

夜:玄米がゆ+お味噌汁


(ファスティング期間)1~3日目

ファスティング期間は3食甘酒のみです!

豆乳で割るとお腹も膨れますよ☆

あとは水を2リットル以上飲みましょう!

※このファスティング期間で頭痛、眠気、だるさなど

好転反応と言われる症状がでる場合があります。

あまりにもひどい時は飴を舐めたり、フルーツを食べてください。

それでも良くならない時はファスティングは終了し、

玄米+まごわやさしいの食事をしてください。


(回復期間)


1日目 朝:甘酒ホット+フルーツ

昼:甘酒+具なしのお味噌汁

夜:具なしのお味噌汁+玄米がゆ(できればおもゆ)

(おもゆ=おかゆのうえのとろっとしたところだけ。米粒は食べない)

2日目 朝:甘酒ホット+フルーツ

昼:玄米がゆ+お味噌汁(具ありOK)

夜:玄米がゆ+『まごわやさしい』20時までに食べる



基本的に、満腹になる量ではなく腹7分目くらいの量にしましょう!

飲み物は甘酒か水です。




【④結果を左右する回復食】

回復期間の食事がすっごく大切!結果を左右します!!!

気をぬいてしまうと結果が出にくくなるので、ファスティング期間と同じくらい

気合い入れて乗り切りましょう!


なぜ回復期間が大切なのかというと、

ファスティング期間で普段フル活動している内臓はお休みしていて、

その分そのエネルギーを脂肪を燃やしたり排泄する事に使っています。

そこに急にまたいつものがっつりな食事に戻してしまうと、

体がびっくりして体調を崩したり、吸収力が増して体に蓄えようとします。

ゆっくり優しい食事から普段の食事に戻す事で、

リバウンドしないんです。


また、この回復期間の食事内容を長く続ければ続けるほど効果が出やすいです。

回復期間を終える頃には、味覚が変わっていたり

いつも食べたり飲んだりしていたお菓子や甘い飲み物が欲しくならない!

となっているかもしれませんね♪

本来の味覚や体に必要なもの取り入れる感覚を

少しでも長く維持するために、日ごろから『まごわやさしい』の食事を

意識してみてください(^^)

そうすると太る事もなくなり体調も良くなりますよ♡












どのパターンが合ってるかな~と思いましたか?(^-^)

初めての方はパターン①か②からチャレンジするといいかもしれませんね!

私はパターン③をやった時は頭痛がひどかったです、、、

でも結果的に体重は3.5キロ程落ちて、むくみスッキリお腹周りもすっきりでした!

自然と、チョコレートやカフェオレなども欲しくなくなり、

そのあとリバウンドもぜず、まごわやさしいのご飯を意識していたら

さらに体重も落ちました☆

でも1年くらいかけて食生活も元に戻り、体重も戻ってしまったので

やっぱり定期的にするのがおすすめです!(笑)





何か気になる事や質問あれば、お尋ねくださいね





- なんばスタッフみきてぃでした。-





【ファスティングをする際の注意点】

・水を十分に摂る事(水2リットル)

・夜ごはんは20時までに終える事

・タバコ、アルコール、カフェインはNG

・肉類、牛乳などの動物性の食品は摂らない

・添加物はできるだけ摂らず、自炊して質の良い食事にする

・甘酒はノンシュガー、ノンアルコールの良質なものを選ぶ


【ファスティングをやらないほうがよい方】

・肝炎・肝硬変・悪性腫瘍・糖尿病・胃、十二指腸潰瘍の方
・統合失調症・重度の精神疾患・狭心症・心室性不整脈、その他すでに臓器障害を起こしている方
・副腎皮質ホルモン剤投与中の方、その他投薬を中断すると危険のある方

・過去に心筋梗塞や脳卒中を起こした方
・一型糖尿病
・妊娠中、授乳中の方
・18歳以下、65歳以上の方