BLOG

【渋谷】ヤスシ先生のワークショップレポート

2017年09月27日

こんにちは(^^♪渋谷スタッフのshimaです。

いつもブログをご覧くださりありがとうございます。

 

先日渋谷スタジオにて開催されたヤスシ先生のワークショップですが、平日の午後の時間にも関わらずたくさんの方のご参加頂きました。ワークショップでの内容を少しシェアしたいと思います

 

まず、テーマは脊柱。ストレートネックという言葉をよく耳にしますが、現代ならではの原因もあるようです・・・それは、スマートフォン

電車の中でも、家でも、ちょっとした合間にすぐ見てしまいますが、その時の姿勢ってあまり意識できてないですよね。頭が前に傾げ、気付くと首や肩周りが凝っているという方も多いのではないでしょうか。

 

脊柱は一般的に背骨と言われる部分ですが、これらは連動しているのでそれぞれ他の脊柱に影響をきたすこともあります。そんな時に脊柱に負荷がかからず、と同時に首の後ろも鍛えながら行えるプラクティスをご紹介します。



 

まず、ヨガのクラスに出ると頻繁に行うのが「ダウンドッグ」ですが、いつも目線はどの辺りを見ていますか?

よく「首はリラックスして~」とガイドされますが、頭の重さは約5㎏ぐらいあるのでその重みでただ沈んでいるのか、リラックスできているのか、力んでしまっているのかもよく分からない時ありませんか・・・?

そのような時にやっていただきたいのが写真の様にブロックを立て、ブロックの際におでこを乗せる方法。

これですと定まらなった首が安定し、力が入りやすい肩周りもおでこに当てたブロックへ分散され余計な力も入りません

こちらはすぐできるので是非お試しください

 

 

次に逆転のアーサナです。



通常シールシャアーサナⅠは手で後頭部を覆いますが、こちらもブロックを使います。

ブロックを後頭部に当て手でしっかり持ちます。(肘の幅は肩幅くらいが目安です。)そしてブロックと後頭部を押し当て続け後頭部への意識を強めるとかなり安定します。

首のアーチも守られ正しい位置でのアーサナになります。

 



※逆転のアーサナに不安がある方は、L字で留める方法や、必ず壁や補助を付けてもらってくださいね。

 

ご受講いただいた方のアンケートにも、「プロップスを使って首~後頭部を意識化すること、アーサナに反映することなど、身体の使い方を修正できるヒントになりました」という方や、「とてもスッキリ、首の痛みも和らぎました」「また是非参加したい」というお声もいただきました。

 

ヤスシ先生のワークショップは、とてもユーモアと愛に溢れた時間でした。

 

次回の開催をお楽しみに♪