BLOG

シヴァマントラを学ぶ

2015年06月02日

みなさま、スタジオ・ヨギーの新プログラムはもう受講して頂けましたでしょうか?

 

シヴァマントラは、yoggy yogaの3つのクラス、yoggy in-flow、yoggy in-body、

yoggy in-meditationで、クラスの最初に詠唱されるマントラです。

 

2076

クラスが始まる前に先生のあとに続いて二行の短いマントラを唱えていますが、

一体何のために唱えるのか、そもそもマントラとは何か、みなさんはご存知でしょうか?

 

マントラって何?

 

マントラは『真言』と言われており、日本でいう「お経」のようなものです。

マントラを唱えることで心身が浄化されていくと言われており、

音の響きやバイブレーションそのものが心や体に波及し、

心身に力を与え、心の静寂をもたらします。

また大勢で一緒に唱えることによって、一層効果が高まります。




 

なぜクラスの前に詠唱するの?

 

マントラの目的は多岐に渡りますが、
" 気持ちを落ち着かせ、クラスを始める前に内面的な準備を促す "
これがクラスをマントラで始める大きな理由です。

 

マントラはとても短いものであるにも関わらず、

宇宙の原理を体感するための知恵であるタントラ哲学を完全に理解し、

そしてその実践を含んだ、パワフルなものです。

 

今回開催されるワークショップ、『シヴァマントラを学ぶ』は、

伝統的な知識を伝えることのできる数少ない貴重な講師カルロス・ポメダ先生によるもので、

通訳はヤスシ先生がおこないます。
関東では新宿WESTのみでの開催となりますので、是非この機会に、

マントラの各項の意味を探求し、正しい発音の仕方と

最大の恩恵を受けてみてはいかがでしょうか?

 
カルロス・ポメダCarlos Pomeda

 

カルロス ポメダ

 

ヨガ哲学講師。テキサスのオースティン在住。


スペインのマドリッド出身であるポメダ氏は、バークレー・カリフォルニア州立大学(教鞭を取っていた事もある)で取得したサンスクリット語の修士、サンタバーバラ・カリフォルニア州立大学での宗教学修士といったアカデミックな学歴の両方を兼ね備えています。


33年間に渡り全般的なヨガの伝統的トレーニングを受けました。


9年間のインドのシッダ・ヨガ・アシュラムでのスワミ・ムクタナンダ、スワミ・チッドヴィラーサナンダの門下での修行を含む18年間は、サラスヴァティの慣例に沿って僧侶(スワミ)として過ごしました。


このアシュラムで様々なインド哲学の研鑽を積み、ヨガの修行に没頭することでその学派にて上級僧侶となり、世界中の何千人、何万人という生徒達に瞑想と哲学の指導をしました。


現在ポメダ氏は世界中を周りながらヨガの英知やそれに関連するコース、セミナー、ワークショップ、レクチャーなどを開催、指導しています。


教師としてもポメダ氏はインドヨガ伝統への愛、洞察力やユーモア、観客との連帯感、そして何より捉え難い経典の教えを明確に、意味深く、現代に適応させられるといった点が高く評価されています。


 

先着順の受付となりますので、ご予約はお早目にお願い致します。


 

シヴァマントラを学ぶ


 

■ 日時 2015年6月26日(金) 10:00-13:00


■ 講師 カルロス・ポメダ


■ 対象 どなたでも


■ 受講料 7,500円(税込8,100円)
ヨギ-・インスティテュ-ト認定者、プレミアム:税込価格より30%off
スタンダード、ロハスメンバー:税込価格より20%off
クラブヨギー生:税込価格より10%off
チケット:4回分
※3回券利用不可


■ 締切 定員になり次第
※その後はキャンセル待ちとなります


■ お申込み WEB予約またはお電話にて承ります。
お電話では、お客様のお名前・会員番号・緊急ご連絡先
(携帯番号などつながりやすいもの)をご連絡ください。


 

TEL 03-5909-0851 (新宿WESTスタジオ)

WEBからのお申込みはこちらから ⇒シヴァマントラを学ぶ