BLOG

押忍!新宿WEST★冷えとり部です

2015年08月09日

昼夜問わずうだるような、のぼせるような暑さの日々が続いております。

 

みなさんお元気にお過ごしでしょうか?

 

こんな季節に。

 

いえいえ、こんな暑い季節だからこそ!

 

我われ新宿WESTスタッフは 「冷えとり健康法」 をオススメいたします!

 

 

 

*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。**・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*


【 冷えとり健康法とは? 】


 医師 進藤義晴先生が研究・考案した薬に頼らず身体の中の「冷え」を取り除くことにより、自分から治ろうとする「自然治癒力」と「免疫力」を高めて、健康になるものです。

 

 そもそも「冷え」とは「半身のほうが、上半身より冷たい状態」であり、「体の内部(深部体温)温度が低い状態」も「冷え」といいます。

 

 たとえ、夏の暑い時期に足元に寒さを感じなくても、それ以上に上半身が熱ければ、「冷えの状態」ということに。

 

 上半身が心臓を中心に37度前後に対し、足部のそれは31度ほどになり、普通に生活をしている以上、誰しも当てはまるものです。

 

 現代西洋医学では表面にでてくる症状そのもの対して薬や手術などで対処をしますが、「冷えとり健康法」では、根本原因(=冷え)そのものを取り除けば、人間が本来持っている自然治癒能力が回復して、デトックス(=排毒)効果により、健康になるという考えです。

 

 

*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。**・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*

 

 

実は冬の寒い季節以上に夏の身体は冷えています。

 

その原因として代表的なものは 「冷房」 。

 

暑い室外と冷房が効いた室内との急激な温度差のために 自律神経(体温調節)が乱れやすくなる」 というお話は聞いたことがあるのではないでしょうか。

 

足元に溜まった冷房の冷たい空気は下半身を冷やし、頭だけがのぼせてしまうという状態になることも。(冷えとりの理想とする 「頭寒足熱」 とは真逆ですね)

 

また暑さのために大量に摂取した冷たい飲食物は内臓を冷やし機能を低下させてしまいます。

 

 

そこで 「冷えとり健康法」 の登場です!

 

 

いくつかある冷えとりの方法。

 

まずは足元を温かく保つことから始めてみませんか?

 

 

 

 

【新宿WESTで扱っている冷えとりグッズを一部ご紹介♪】


2000047


・これが本当の「冷えとり」の手引書 ¥1,029


meri_4sock_border


meri_4sock_pk

・<meri ja kuu> 「月と小さなワンピース」冷え取り靴下4足セット ¥4,536


 

meri_silkleg_gy_item

・<meri ja kuu>冷えとりシルクレギンス10分丈 ¥4,536


 

 

meri_knitpt_ch_item

・<meri ja kuu>ウール裾絞りレギンス  ¥4,212


gr_25295_1gr_25298_1

・<meri ja kuu>「月と小さなワンピース」おやすみ冷えとり靴下3足セット ウール ¥4,968

 

 

 

 

とはいえ、グッズを一気に揃えるのはちょっとシンドイ……。

 

暑いさなかに靴下を何枚も重ねるのはちょっと……。

 

 

よーーーーーく分かります!!(笑)

 

 

そんな方は、まずはたらいにぬるいお湯をはって「足湯」から始めてみてはいかがでしょうか。

 

 

もちろんせっかく温めた足は冷やさないように気をつけつつ★

 

でも、あまり根を詰めずにゆるゆると試しに楽しむくらいの気構えで★

 

さあ。

 

今年こそ、毎年夏に感じる身体の冷えからくる 「なんとなく不調」 な状態からの脱却を目指しましょう♪