BLOG

痛みに対してのアプローチを学ぶ【セラピューティック・トレーニングコース(TH)】

2017年05月05日

こんにちは。

暑いくらいの晴天にめぐまれている5月の大型連休、いかがお過ごしでしょうか。

アクティブにイベントや行楽に出掛けられている方も、日頃の疲れをゆったりと癒されている方も、変わらずお仕事に勤しまれている方もいらっしゃると思います。

 

 

さて、新宿WESTスタジオはyoggy instituteのメインスクールでもあるため、普段から多くのトレーニングコースがありますが、この期間は特に連休ならではの集中講座が開催されています。

https://yoggy-institute.com/

 

そんな数あるトレーニングコースの中から、今日はセラピューティック・トレーニングコースの体験談をお伝えいたします。

 

「セラピー」という言葉は耳にしたことがあるけれど、具体的なイメージが湧きにくいなというのが最初の印象でした。

 

少し調べてみると、gooの国語辞書に「セラピーとは薬や手術などによらない心理療法や物理療法」という紹介があり、最後の方は難しい言葉ですが、西洋医学的な治療とは異なった痛みへの対処法ということがわかりました。

 

トレーニングでは、ヨガのクラスを行う中でのポーズのアジャストメントやモディフィケーションへの応用の仕方という実用的な学びの他、痛みを感じている部位別に、その要因を解剖学的視点から探って対処する方法を学びました。

 

痛みといっても、その種類や要因と考えられるものはさまざま。

「腰が痛い」といっても、実はからだの前面からある筋組織へのプローチが効果的なケース。

「膝の靭帯を痛めた」という方がヨガのポーズや日常生活の動作で体のどこに意識を向けると痛みが緩和するのか。また、運動するために十分な筋力を養う効果的な体の使い方。

など内容は盛り沢山です。

 

さらに、実際に痛みの問題を抱えていらっしゃるクライアントをご招待し、講師のデモンストレーションを見学する時間もありました。

対話を通した痛みの要因の推察と、講義中に出てきた対処法を行ってからの効果がどのようにクライアントの変化に繋がっていくのかを目の当たりにできた貴重な機会となりました。

 

“私たちインストラクターは国家資格をもつ医師ではないので、治療はできません。しかしながら、クライアントが自信や喜び、達成感をもって自立することへの適切な手助けをすることは、大切な役割の一つだと思います。”

 

こんな担当講師ヤスシ先生の言葉が印象的です。

 

クライアントが晴れやかな表情と軽い足取りでお帰りになられた姿に、驚きとともに今回のトレーニング内容の貢献の大きさを感じました。

 

 

大型連休中、スタジオ・ヨギー各スタジオでは、普段のレギュラークラスとはひと味違った、さまざまなワークショップやイベントが開催されています。

ご興味の惹かれるものがありましたら、是非ご参加ください♪

きっと新しい「Wow!」に溢れる時間になりますよ!!

//www.studio-yoggy.com/classes/sp/index.html