BLOG

【TOKYO】~ジェントルピラティスのいろは☆Vol.④~

2017年03月29日

みなさん、こんにちは!

いつもTOKYOスタジオをご利用いただき誠にありがとうございます(^^)

本日は連載記事のジェントルピラティスのいろは第4弾です♪

 

それでは、レナ先生よろしくお願いします!!

 

こんにちは。
スタジオヨギー インストラクターのレナです。

前回の投稿から少し間が開いてしまいましたが
ピラティスの「基本のABC」
【C】centering : センタリング(コアの安定性) についてご紹介します。
コアの安定性とは、
効果的な手足の動きを生み出すための
確かなサポートの基盤を作り出す
骨盤・脊柱・肩・頭の位置のコントロールを
維持する能力です。

 

基本的に、動きは体の様々な関節で起こります。
ある関節はじっと止まっているように求められる一方、
他の関節は予定した方向や流れへと動くことを必要とします。

 

動くべきでない関節が動かないようにし、

同様に動きに関わる関節が間違った方向へ動くことを防ぐよう
ピラティスでは、いかなるときでも

アライメントを観察し、コントロールするために必要な

自己認識力を養っていきます。

 

過度の負荷が一部の関節や筋肉にかかるのを防ぎ、
安全かつ効率的に身体を動かしていきましょう。

 

それでは今日のテーマ

【センタリング】に意識を向ける
エクササイズをご紹介しましょう。

 

【レッグ・スライド】

スターティング・ポジション

○リラクゼーション・ポジション(半仰臥位)



動作

1.吸って:体の準備を整える。

2.吐いて:骨盤を安定・静止させたまま、

片足を体幹から離す方向に

マットに沿って滑らせる。



3.吐いて:足を滑らせて戻し、

スターティング・ポジションに戻る。

4.再度、骨盤と脊柱を安定させる。

5.脚を入れ替えながら、

左右交互に5回ずつ繰り返す。

 

チェックポイント

○終始、頭部・胸部・仙骨を重く保つ。

○足裏がマットから離れても、

踵は終始マットに下ろしておく。

○支えている方の脚は静止したままにし、

かつ緊張がないようにする。

○胸は解放し、上半身に緊張がないようにする。

 

シンプルな動きでも丁寧に行えば

身体に優しく(安全)、

「身体を使った」という感覚(効果)が得られます。

是非ジェントル・ピラティスのクラスで

体感してみてください。

 

【レナ先生の担当クラス】

毎週火曜日13:30~14:30 ジェントルピラティス

※第2週・4週はジェントルピラティスWithエクササイズローラーのクラスとなります。

 

前回の記事はこちら↓☆

>>>Vol.①~   

>>>Vol.②~

>>>Vol.③~

 

皆さまのご予約お待ちしております♪

スタジオ・ヨギーTOKYO

TEL:03-6212-6851

Web予約>>>✩✩✩