お悩み:
ライフワークが欲しいと思っています。現在、会社員ですが、仕事の内容としては好きですが、一生会社員でいるのは難しいので、会社を離れても軸としていけるライフワークが欲しいです。できれば、ライフワークで食べて行けるのがよいのですが。ヤスシ先生は、ライスワークとライフワークは一致しているように思います。ライフワークの見つけ方がわかりません。なにから手をつけたらよいでしょうか。

答えのヒント:
ライフワークとライスワーク、なるほど上手い表現ですね。

僕が、踊ることが好きなだけでダンスを学び、後に職業としていた頃から今のキャリアを歩み始めた時は、生き方の軸として「ヨガ」を選びました。ヨガに取り組むことにどれほどの意義があるかには確信がありましたが、収入の目処は立っていませんでした。

ライフワークを見つけるのにどこから始めるか・・・。また何をもって「ライフワーク」とするか・・・。

1. 自分は何に興味(好きな事)を持っているか?
(時間をかけるほど遣り甲斐があるものか?)
から取り掛かってみるのはどうでしょう。

自分が情熱を注げるものは何かを見つけるのは、容易でないかもしれません。「好き」であっても短期間で飽きることもあるからです。慌てて何かに飛びつかないことです。またライフワークが見つからないからと焦ることはありません。

「好きな事」に加えて、次の三つの要素が伴えばライフワークになり得るのではないでしょうか。
2. 自身の成長に繋がるか?
3. 他者の為に役立つか?

(世界を背負わなくてもよいです!)
4. 収入を見込めるか?
(当てはまらなければ、並行してライスワークも必要になります)

ひとつ目の「好きな事」は自分にとって得意ではない場合もあります。「得意な事」とは限りませんからチャレンジ(勉強や準備)が伴って当然でしょう。また若い時に何かに興味を持つことはあっても、その興味が持続するとは限りません。人生の途中で変更するのは構わないと思います。若いうちに自分の進みたい道を見極められる人もいれば、2~4を意識したまま取り組むことが変化する人もいるでしょう。

二つ目と三つ目。出来れば両方、少なくとも一つが当てはまらなければライフワークとは言えない気がします。内面的な成長にも繋がらず、他者の為にもならないのなら個人的に「楽しみ」に取り組んでいるのかもしれません。

そして四つ目。収入が伴わなければ、別のライスワークを持つ羽目になります。
自分にとって取り組む価値があり、人に役立てたとしても収入に結び付かなければ、それなりの覚悟が必要です。ライフワークと言うからには持続可能でなければなりません。

僕は今まで自分が興味を惹かれること(のみ)を追いかけてきたのかもしれません。そして思い通りに行かないもどかしさを経験しながらも、大変有り難いことに今に至っています。家族の助けにも頼りましたし、心配もかけました。何より自分自身が一番不安でした。

上記の四つの何かが欠けると、それに取り組むエネルギーが弱くなります。アクションを起こす前に、上の四つを意識してください。ひとつ目の理由だけしか思い浮かばなければ、趣味で終わってもよいじゃないですか。繰り返しますが経済的な安定は重要です。ライスワークを保持しながら、興味あることに打ち込んでもよいのです。

しかし打ち込みたいものが明確なら待ちすぎないことです。
「定年になってから好きなことを始める」などと良く聞きますが、定年になってから人生が始まるわけではありません。
・ 今取り組んでいることからライフワークの要素を意識する
・ 慌てて何かに飛びつかないこと
・ でも待ち過ぎないこと
この三つもご参考に。

意義があると思える何かに打ち込める人生=贅沢な人生 
だと思います。
Good luck!

***

「Art of Living 豊かに生きるスキル」では、みなさまよりヤスシ先生に聞いてみたいことやお悩みの相談を募集しています。人間関係やコミュニケーションについてお悩みの方、ぜひこちらのフォームよりお気軽にお寄せください。感想もよろしければお聞かせください。
お悩み相談・感想 送信フォーム

・・・・・・・

ヤスシ先生とヨガを探求しよう!
【yoggy institute lab】ヤスシのハタヨガ研究室

文 ヨガインストラクター ヤスシ/編集 七戸 綾子