ジェニファー・プティ

ジェニファー・プティ
ジェニファーはヨガに専念して25年。母親として妊娠、出産、子育てをしながらのヨガの経験、女性としての経験を活かしながらヨガを教えて15年になる。(2016年現在)
 
2002年にアヌサラヨガのトレーニングを受け、最初から女性の生徒たちやセラピューテックヨガにフォーカス。
 
2005年に産前ヨガやママと赤ちゃんを教えるため「ベイビー・オム」やメアリー・バーンズの「ヨガ・フォー・ツー」のトレーニングを受ける。さらに女性の骨盤の健康という特定の興味から、レスリー・ハワードのヨガで女性の骨盤の健康を改善するという骨盤底についてのトレーニングを受け、キネティック ピラティスセンターの創設者でありオーナーのケリー・ケーンや、サンフランシスコのアイヤアンガーシニア認定講師で、「The felt Sense Method」を開発した、ジャッキー・ネットからも学ぶ。 これらにより、骨盤底の筋肉の強さと骨盤底の認識に対する系統だったアプローチで、自覚する力、骨盤部の強さを取り戻すところまで行くことができるようになる。
 
2007年よりニューヨークのヴィラヨガで教え始め、ツイステッドトランクヨガと改名された現在でも教え続けている。一般のスタジオで教える他に毎年、産前ヨガのティーチャートレーニングを行い、しばしば女性の健康や骨盤底に関したワークショップを行う。
 
ジェニファーのティーチングスタイルは、長年トレーニングを受けたロサンゼルス在住のジャスミン・リーブに影響を受けており、ジャスミンはインドラ・デヴィに直接教えを受けている。ジェニファーの興味は、クリシュナ・マチャリア(インドラ・デヴィの師)がアイヤンガーヨガのB.K.S. アイヤンガー、アシュタンガヨガのパッタビ・ジョイス、ヴィミヨガのT.K.V.デシカチャーらを教えた流れが女性を通じて具体化し、ヨガがいかに女性の体に合っているかを学ぶことにある。
 
なお、1991年に1年間東京に在住し、日本の文化や歴史に尊敬の意を持つ。
 
全米ヨガアライアンスE-RYT500、RPYT資格保持者。
 
 

  • インストラクター養成スクール
  • オーディション情報

ヨギー・インスティテュート認定
インストラクター

ヨギー・インスティテュート認定は、ヨガを教える技術はもちろんのこと、最新の学びを通して一人でも多くの方にヨガのすばらしさを伝えていけるインストラクターを目指す、国内最高レベルのヨガインストラクター資格です。
ヨガの基礎、瞑想法、解剖学、指導法それぞれのトレーニングを連続して体系的に学び、修了後の認定試験に合格した方が「ヨギー・インスティテュート認定(YIC)インストラクター」の資格を取得できます。認定を受けると、“ヨギーヨガ”の指導が可能。スタジオ・ヨギーでのインストラクターの道も開けます。
約1年かけて4つのコースを200時間かけて学ぶYIC200に加え、YIC200取得後に一定時間以上のヨギーヨガの指導経験を積み、追加トレーニングを受講して取得できるYIC300、YIC500があります。

ヨギー・インスティテュート認定インストラクター
ヨギー・インスティテュート認定インストラクター
詳細はこちら