BLOG

ワークショップ「温法」を受講しました

2017年11月24日

みなさまこんにちは。

23日神楽坂スタジオで開催されましたビューティ・ペルヴィスのノリコ先生のワークショップ

「温法」を受講したのでその様子をレポート致します。

 



ワークショップ「温法」は生理痛のメカニズムを骨盤を中心に学び、
骨盤と繋がる体の部位を1箇所温めることにより軽減させる方法を学ぶ、

というワークショップです。

 

まずノリコ先生が具体例を出しつつの座学です。

 

「生理痛は骨盤が緊張して緩まない事で発生します」
まず冒頭から目からうろこの先生の一言。

 

30年近く生理と付き合ってきたのに、今日初めて知りました…
生理はその2~3日前にまず右の骨盤が開いていく、
そして次に左の骨盤が開いて生理当日を迎えます。
生理痛はこの流れがスムーズにいかない事により発生するそうです。
それすら初耳…
なんとなく痛みはしょうがないな、と思い今まで過ごしてきましたが、
原因を知れば痛み止めを飲むこと以外の対処法も見えてきます。

 

 

まずその骨盤の開き、ゆるみが上手くいかない原因としてあげられるのが
頑張り屋だったり完璧主義者でストレスを貯めがちなタイプの方。
骨盤も緊張の連続ですよね。

 

そして同じ姿勢でパソコンを触りっぱなし。
目も酷使していつの間にか凝り固まっている。
そのストレスを体を冷やしてしまうコーヒーや甘いもので紛らわす。
どうでしょう?思い当りませんか?

 

そして一番の良くない事は座りっぱなし。
デスクワークを休みなく、立ち上がることなく続けていませんか?

 

これらはすべて骨盤の緊張を招く要因なんですって!
つまり生理痛は普段の生活から、既にその元を作ってしまっているのです。

私も思い当ることばかりで座学が進むたびに納得の連続でした。

 

じっくり生理痛のメカニズムを学んだら、
いよいよ実際の対処法を学んでいきます。

 

ここで登場するのがあたたかいカイロ。
カイロで一か所を温め、その1点に血液を集中させることにより
緊張や滞りを改善していきます。
面白いのは、お腹や頭が痛いからといって、その場所を温めるわけじゃないところです。

 

骨盤は体のすべてに繋がっていて、生理前、生理中のそれぞれの日によって
温める部位も変わってきます。

右の骨盤が開きかけている状態と、左が緩みかけようとしている状態、

その時々で温める場所が違うことも説得力があり、今後試すのが楽しみになります。
実際生理中じゃなくても、ふぅぅぅっとリラックスできてしまいました。

 

そして最後に、生理痛を軽減できるよう、骨盤がスムーズに開閉する方法を
ビューティ・ペルヴィスの動き+今回だけのパンチのある動きで学びます。

 

毎日簡単にできる動きで、これからの生理痛の軽減できれば
長年辛く過ごしてきた方でも気分を変えられるのではないでしょうか。

 

普段のビューティ・ペルヴィスから一歩踏み込んだ座学&対処法を
しっかり学ぶことができた目から鱗のワークショップでした☆

 

 

神楽坂では今後もワークショップを開催予定です。

 

12月10日(日)10:45~12:15 講師:ミヤビ先生
「アーサナを学ぶ」~ピンチャ・マユラ・アーサナ~

 

12月30日(土)15:30~17:30 講師:ユカリ先生
「Yin Yoga (陰ヨガ)」~冬の養生~
(今年最後のクラスです)

 

普段のレギュラークラスとはまた違う学びができたり、深くリラックスができるワークショップです。
是非体験してみて下さいませ☆
神楽坂スタジオでお待ちしております

ヨガウェア通販サイト
スタイル・ヨギー

  • スタイル・ヨギー
  • yoggy sanctuary
  • 今、選びたいヨガマット3選