BLOG

心も体もどんより、そんなときにオススメの〇〇!

2019年05月14日

長いゴールデンウィークも終わり、まもなく梅雨が始まろうとしていますね。

ちょっと気分が落ち込んだり、体もだるくなったりします。


そんなこれからの季節、どうやって乗り過ごしたらいいんでしょう?


先生方に聞いてみました。オススメのポーズやエクササイズなど、お家でもできそうなものばかりですよ♪


★ヨガ マリコ先生★


ダヌラ・アーサナ (弓のポーズ)




からだを弓のようにそらせるポーズです。

背筋を使って背骨をそらせて刺激し、体の前面を広げ、活力をアップさせます。

また、お腹側に強い圧がかかるので、内臓の機能を高める効果があります。

なんだがやる気がでない、体がだる重いというときにおすすめのポーズです。


やり方

①うつ伏せになり、両腕は体の横に伸ばす。両脚は坐骨幅に開く。

②膝をまげて、両手で足の甲をつかむ。

③息を吸いながら両手と両脚を引っ張り合い、お腹で床を押し、上半身と膝を床から持ち上げる。

脚の幅は坐骨幅を保ち、そこで数呼吸キープする。

④息を吐きながら両手を下ろして元の姿勢にもどり、休息する。



★ヨガ カコ先生★


ハイランジ

脚やお尻の大きな筋肉を使うことで、素早く血流を促して全身を温めます。股関節周りにも効果的に働きかけるため、むくみの解消につながります。


「疲れたら休む(寝る)」のがいいと思いがちですが、睡眠不足でもなく、肉体を酷使したわけでもないのに、疲れがとれないからとゴロゴロ寝てばかりいるのは逆効果です。筋肉を使わないと血流が悪くなり、リンパの流れも滞ります。


後ろの膝をついた状態から、膝を浮かせてしっかりと脚を伸ばしてみましょう。



吸いながら膝を持ち上げ、吐きながら膝を下ろす、というのを数回繰り返します。できるだけ深くゆっくりの呼吸とともに身体を動かしましょう。


余裕があれば、ポーズを保った状態で数呼吸します。骨盤がずれないよう、左右の腰骨が正面を向くよう注意してください。


きつければ、両手をブロック上に置き上半身を傾けたローランジでもよいでしょう。左右の足を入れ替えて、反対側も行ってください。


終わったら、チャイルドポーズかシャバーサナで少し休みます。静かに内側に意識をむけるために目を閉じましょう。身体がスッキリしたら心も晴れやかになることに気づいて下さい。それが瞑想(メディテーション)への入口になります。


カコ先生が担当されるMBC(メディテーション・ベーシックコース)


日程:

第1回 6月23日(日)

第2回 6月30日(日)

※毎回9:30~17:30(休憩1時間)


受講資格:瞑想に興味のある方ならどなたでも

詳しくはコチラから



★ピラティス タケマサ先生★


梅雨のジメジメとした時期は、身体がだるい、頭が重たい等、倦怠感が抜けずに仕事が思うように捗らない事がありますよね。

そんな時は、体側をしっかりと伸ばすストレッチ。左右2回ずつ、合計4回でOKです。

仕事の合間に行い、頭と身体をシャキッとリフレッシュしましょう。

さらに深い呼吸で行うことで、気持ちもスッキリと前向きになれますよ。



①肩幅でセラバンドを持ち、両手をバンザイ。

セラバンドを天井へ持ち上げます。

(肩が上がり過ぎて首が短くならないように注意)



②身体を右側へ傾けて、体側を伸ばします。

(腕だけに頼らずに、背骨全体を傾けていきましょう)



③下の手の位置を変えずに、上の手を前方へ伸ばします。(同じく腕だけでなく、背中から伸びていきましょう)



最後に、スポーツタオルなどでも代替可能ですので、気軽にお試し下さい。




先生方、お忙しい中ご協力ありがとうございます!

みなさんもこの時期ぜひ試してみてくださいね!


スタジオでもお待ちしております♪